脱毛するなら家庭用脱毛器がおすすめ【脱毛器の選び方と比較】

家庭用脱毛器の脱毛効果は?

脱毛するなら家庭用脱毛器がおすすめ

家庭用脱毛器は昔はオモチャみたいな性能のものが多く、値段の割にはあまり実用的では無くてがっかりしたという意見もありましたが、最近の家庭用脱毛器はエステと同じフラッシュ脱毛を手軽に行う事が出来、コストパフォーマンスもかなりのものとなっています。
家庭用脱毛器は一度使えばそれ以降はすぐに生えてこなくなるという訳では無く、何度か使用していると徐々に生えるのが遅くなる、細くなる、といった違いが現れてきます。
また、短時間で何度も処理を行うというのではなく、毛周期の事を考えて生える時期に合わせて処理をする必要があります。
そのために、効果が現れるまでにはそれなりの時間が必要となりますが、続けていれば徐々に効果が現れてきます。
中には家庭用脱毛器を用いても全然効果が感じられなかったという人もいて、効果の程は個人差があるために中には効果が現れにくい人もいます。
しかし、それは家庭用脱毛器での処理に限らず、脱毛サロンで行っている人の中にもそうした人が一部にはいます。
必ず効果があるという訳では無いですが、昔とは違って家庭用脱毛器はかなり高性能となっているために好意的な意見が昔と比べて多くなっています。
昔と比べて効果が高くなっているだけではなく、サロンとは違って自分の好きな時に行う事が出来るという点も家庭用脱毛器の大きな魅力です。

家庭用脱毛器のメリット

女性に脱毛の悩みはつきものですが、自己処理の煩わしさから脱毛を考えている方も多いのではないでしょうか。「でも、サロンでやってもらうのは恥ずかしいし、料金も高いから自分で剃る方がいい」と考える方は、家庭用脱毛器を利用するという方法があります。そこで気になってくるのが、家庭用脱毛器のメリットだと思います。
一番のメリットといえるのが、料金です。サロンに通うとなると、それなりのお金が必要となりますが、家庭用脱毛器なら確実に安く済みます。
サロンに通う必要が無いので、予約時間を気にする必要もありませんし、通うための手間が省けて時間を有効に活用することが出来ます。また、家庭用脱毛器なら、サロンなどの保証回数を気にすることも無く、半永久的に脱毛をすることが出来ます。
それに、自宅で出来るので、誰かの目を気にすることなく気軽に、好きな時間に出来るのは非常に便利です。
このように、家庭用脱毛器のメリットは、「サロンではなく自宅で出来る」というのがポイントのようです。
ムダ毛の処理というのは、何もしなければ永遠に続いてしまうものなので、何かしらの手を打つ必要があるのでしたら、家庭用脱毛器を使うのもいいのではないでしょうか。

家庭用脱毛器のデメリット

ムダ毛の処理の頻度を考えると脱毛した方がずっと簡単だと思っている方も多いのではないでしょうか。なかには、サロンではなく自宅で家庭用脱毛器を使い、脱毛を考えている方も居ると思います。そこで注意してもらいたいのが、「脱毛で綺麗な肌を手に入れられる」というメリットばかりに目が行きがちですが、家庭用脱毛器にもデメリットがある事をしっかりと確認することが大切です。
家庭用脱毛器は、性能の差で金額に違いがありますが高額な商品であることに変わりはありません。思い切って購入したとしても、思っていたよりその効果を実感できない場合もあるので、金銭的な面でリスクが伴います。それに、家庭用脱毛器を使い続けると消耗品も購入しなくてはならないため、その費用も意外と掛かってしまう事があります。
他にも、自分で行うため、手の届かない箇所や自分の目で見えない箇所の仕上がりがいまいちになってしまう事があります。また、照射の精度や面積の問題から、サロンと比べると時間を要してしまいます。
家庭用脱毛器の使い方を間違ってしまった時に起こるトラブルは、全て自己責任になってしまいます。
このように、家庭用脱毛器には多くのデメリットも存在しますので、しっかりと把握した上で検討することが大切です。

家庭用脱毛器が向いている人

ムダ毛の自己処理の仕上がりの悪さや手間にうんざりしている人の中には、今年こそ脱毛したいと考えている人も多いのですが、美容クリニックや脱毛サロンになかなか行くことができないでいるという人には、家庭用脱毛器がおすすめです。家庭用脱毛器は、家でも美容クリニックや脱毛サロンと同じ光を使って、安全に脱毛できるように開発されているので、肌への悪影響がなく、安心して使うことができるところが魅力です。
家庭用脱毛器が向いている人は、全身脱毛の必要がない人で、過去に美容クリニックや脱毛サロンで脱毛したけれども、数本のムダ毛がまだ生えてくるので何とかしたいという人や、脱毛完了している箇所があるけれども、もう少し脱毛範囲を広げたいという方におすすめです。自分で全身脱毛をしようとするととても大変ですが、限られた範囲の脱毛なら自分で行うことができます。
また、近くにエステがないという人やエステに通う時間がないという人にもおすすめです。家庭用脱毛器は、自分の好きな時間に好きなだけ脱毛することができ、予約を取ったりお店に通ったりしなくて良いので、空いた時間を使って手軽に脱毛することができるので、通うことができないという人におすすめです。

家庭用脱毛器で使用できる部位・できない部位

最近では様々なタイプの家庭用脱毛器が普及し、多くの女性がその手軽感から利用するようになってきました。家で時間のある時に好きなだけ脱毛できる便利なもので、エステサロンで使用しているものとさほど変わらない高性能な機種まであります。
家庭用脱毛器の種類によっては、自分で脱毛できる部位とできない部位があります。一般的な家庭用脱毛器では、顔のうぶ毛やVIOラインは脱毛できないことになっています。VIOラインとは、いわゆるビキニラインやお尻の肛門周りのことで、顔と同じくデリケートな場所なので使用しないよう説明書にも記載されています。レーザー式脱毛器などパワーの強いものになると、うぶ毛の下のメラニン色素と相性が悪く、脱毛効果をあまり得られません。このため、うぶ毛の多い場所には使用できない部位とされているのです。対してフラッシュ脱毛器であれば、他の家庭用脱毛器と比べても刺激が少ないため、顔などデリケートな部位にも使用できるものがあります。このように、脱毛器の種類によって体に使用できる部位とできない部位があるので、自分が脱毛したい場所に使用できる物を選んで購入するようにしましょう。家庭用脱毛器を使って、時間もお金も節約してしまいましょう。

Beautiful young woman hands on white background

おすすめ家庭用脱毛器|ケノン

フラッシュ脱毛の性能を搭載した家庭用脱毛器の中でも、特におすすめなのがケノンです。
ケノンの特徴は、エステや脱毛サロンと変わらない程の出力を誇る為、女性のムダ毛だけでなく、男性の髭までしっかりと対応出来る事、これ一台で、全身脱毛をする事も可能な事、そしてコストパフォーマンスが良い事です。
エステのような脱毛が可能な家庭用脱毛器は、照射の際に、カートリッジが必要となります。
カートリッジには照射回数が設定されていますが、この家庭用脱毛器のカートリッジの照射回数はとても多く、1個で全身脱毛が約14回分可能となっています。
ですから、カートリッジのコストパフォーマンスがとても良く、残り回数を気にせず照射できるというメリットがあります。

おすすめ家庭用脱毛器|トリア

家庭用脱毛器として有名なトリアは、家庭用脱毛器でも珍しいレーザー脱毛であることが特徴にあげることができます。クリニックでの脱毛は効果も高くとても人気ですが、高額なことや、なかなか予約が取れなかったりと、毛がなくなるまで通うのが難しい場合も少なくありません。しかしトリアは、ほぼ全身に使用することができるため、一度購入すれば全身レーザー脱毛することが可能です。
トリアを使用するメリットは経済面だけではありません。照射時間が短いため、どんどん脱毛を進めることができます。短時間で脱毛することができ、自分の好きな時間に気になる部位を脱毛することができます。また、出力の調整も自分でできるため、痛い場合は無理せず出力を下げることができます。

おすすめ家庭用脱毛器|ノーノーヘア

家庭用脱毛器である『ノーノーヘアー』は、「サーミコン式」と呼ばれる熱エネルギーを利用した独自技術による脱毛法を採用しています。このサーミコン式脱毛方法は、直接肌に触れることなくムダ毛の処理ができ、処理をした毛先を熱によって丸くします。そのため、処理によって肌を傷つけることが無く、痛みをほとんど感じませんし、毛先を丸くするためチクチク感が軽減されるという特徴があります。また、全身に使用することができ、使い方が非常に簡単、という特徴もあります。
このように、ノーノーヘアには様々なメリットがあります。しかし、ノーノーヘアは家庭用脱毛器と謳われていますが、医療用レーザーのような脱毛効果はありません。毛根にダメージを与えて破壊するわけではないので、使い続けても毛が生えてくる点には注意が必要です。

家庭用脱毛器を使用の際の注意事項

自己処理の中では高い脱毛効果を期待できる家庭用脱毛器ですが、使用する際にはいくつかの注意点が必要となります。

まず、レーザー方式でもフラッシュ方式でも、メラニンや黒い色に反応する特性を持っているので日焼けした肌の場合にはやけどをする恐れがあるので使用はできません。

吹き出物やニキビ、ホクロなどできている部分の脱毛もあまり良くありませんが、シールなどでその部分だけ隠すようにすれば脱毛できないこともありません。

また、薬の服用や飲酒などを行うと、肌状態が普段より敏感になり赤みや炎症を起こす可能性が高くなるので、家庭用脱毛器を使用するときには薬やお酒を飲んだ状態で使用しないようにしましょう。

それ以外に、家庭用脱毛器を使用したあとというのは肌が熱を持っていますので、アフターケアとして脱毛後には必ず冷やすようにして、加えて乾燥しやすい状態でもあるので保湿しておくとさらに良いかもしれません。

個人差はありますが、女性の場合、生理前後などのホルモンバランスが崩れている時もいつもより敏感になっていることがあるので、急ぎでなければ整理が終わってから脱毛するのが望ましいでしょう。

インフルエンザワクチンなど予防接種を受ける前後に脱毛を行うのもあまり良くないとされていますので、気をつけるようにしましょう。